メインイメージ画像

高級賃貸と呼ばれる不動産の賃料はカード払いが多いです

ピンからキリまでと言うように、建物の中には、高級賃貸と言われるものがあります。ややスペックが高めな賃貸物件なのですが、たいていはマンションです。不動産物件は、大きく分ければマンションと一戸建てですが、高級賃貸という表現が用いられる時には大抵マンションのことをいいます。そして高級賃貸になると、大型の物件が多いです。集合住宅といっても大きさは様々で、5階建てや8階建てなどは多少小さめになります。それに比べて高級賃貸・フ場合は、20階や30階など高層タイプが多く見られます。

そして、建物内には多くのお店が入居している事が多いです。1階や2階にはいろんな商業施設が入居していて、3階以上が住宅になっている場合が一般的です。

そして、高級賃貸は、駅から近い場所に立地している事が多く、遠くても駅から10分程度となっています。

また、高級賃貸は、家賃にも特色があります。他の賃貸の物件と比べると、比較的家賃が高めに設定されているのです。

賃料が10万円以上の物件などもかなり見られるのですが、借り主はカードで賃料を支払っている傾向があります。なぜなら、カードだと初期費用の分割ができる事が多いからです。一般的な賃貸を借りる場合は、礼金などを銀行振り込みで払い込む事が多いのですが、その際、分割払いは不可能です。あくまでも一括払いでその費用を支払うことになるのですが、カード払いの場合ですと分割ができます。高級賃貸の初期費用は、比較的高めになることが多いので、借り主はカードでそれを支払っている事も多いのです。

他に、カードで高級賃貸の賃料を支払えば、ポイントが蓄積できるというメリットもあります。カードを利用すると、独自のポイントが付与される事があるのです。何より高級賃貸は賃料が高めなので、蓄積されるポイント数も多くなります。一度に多くのポイントが付与される事もよくあるので、賃料を毎月カードで支払っている方も多いのです。つまり、物件のスペックが高めであり、カード払いで賃料が支払われている事が割と多い、ということが高級な賃貸の不動産物件の主な特徴です。

更新情報